導入事例 製販一体のシステムで業務の効率化と正確な生産計画を実現

製販一体のシステムで業務の効率化と正確な生産計画を実現
事業内容 乳製品製造業
製販一体のシステムで業務の効率化と正確な生産計画を実現
  • ■ 営業所と本社システムの統合
  • ■ 食品業向け製販一体型システムの導入

 導入システム  : 「スーパーカクテルデュオFOODs」「スーパーカクテルデュオ会計」

乳製品製造業の課題と導入効果

 課題 

営業所からの受注業務を効率化したい

  • 営業所からFAXで注文を受け、本社でシステムに入力するため業務負荷が高まっている。

生産管理システムを稼働させたい

  • 生産管理システムを以前導入したが、業務運用に合わせることができず稼動していない。
 解決策 

営業所と本社システムの統合

  • 営業所から受注システム入力を行う業務フローを構築した。

食品業向け製販一体型システムの導入

  • 自社に合った仕組みを導入することで生産管理システムを稼働させた。
  • 販売管理と生産管理を統合することで、受注予定と連動した生産計画を実現した。
 効果 

業務効率化の実現

  • 手入力の作業を削減することで業務効率が向上し、労働時間の短縮につながった。

廃棄コスト削減および販売機会損失の防止

  • 販売予測に基づく生産計画、原料購買計画を立てられるようになり、賞味期限切れによる廃棄ロス削減につながった。
  • 受注予測に基づく生産計画立案により、在庫切れによる販売機会損失を未然に防ぐことができるようになった。

乳製品製造業の導入ポイント

学校からの受注修正を簡易化

休日管理や行事など、学校特有の業務に対応した修正を容易に行うことができる機能により、業務効率化を支援します。

学校受注入力

受注・仮受注データを集計して生産計画を立案

営業所・販売会社で入力された受発注データをもとに生産計画を立案。各工程の仕掛在庫を加味した所要量より製造指示書を作成します。

受注・仮受注データを集計して生産計画を立案

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。