導入事例 リベートや物流費を含めた損益計算ができるシステムを構築

リベートや物流費を含めた損益計算ができるシステムを構築
事業内容 缶詰・瓶詰食品卸売業
リベートや物流費を含めた損益計算ができるシステムを構築
  • ■ 受注データ・製造指示データの連携により欠品や過剰在庫を防ぐシステムを構築
  • ■ リベートや物流費を含めた損益計算ができるシステムを構築

 導入システム  : 「スーパーカクテルデュオFOODs

缶詰・瓶詰食品卸売業の課題と導入効果

 課題 

欠品による納期遅延や過剰在庫が発生している

  • 適正在庫がわからず、適切な生産指示が出せていない。

リベートや物流費を含めた利益がいくら出ているのかわからない

  • リベートや配送費を加味した工場別・営業別・商品別の利益管理を実施したい。
  • 見積段階からリベートや物流費を加味して原価割れを防ぎたい。
 解決策 

受注データ・製造指示データの連携により欠品や過剰在庫を防ぐシステムを構築

  • 受注状況や特売予定などの情報を加味した週間適正在庫を算定し、予定在庫と比較することで適切な生産計画を立案。
  • 生産計画から製造指示・製造タイムスケジュールを自動で作成。

リベートや物流費を含めた損益計算ができるシステムを構築

  • リベートや物流費を加味した工場別・営業別・商品別の損益計算を実施。
  • 見積時に損益計算金額と比較することができ、収益確保のための値引き限度額を可視化。
 効果 

適切な生産計画・製造指示を行うことで、欠品や過剰在庫が削減された

  • 受注→適正在庫→製造指示→製造実績→出荷という一連の情報共有が可能になった。
  • 欠品や過剰在庫がなくなることでお客様満足度向上を実現し、売上拡大に繋がった。
  • 製造工程スケジュールが自動作成され、工場への指示がスムーズになった。

営業見積が正確になり、収益向上に繋がった

  • 営業見積段階で経費やリベートを含めた収益計算が可能になり、収益向上に繋がった。

缶詰・瓶詰食品卸売業の導入ポイント

適正在庫数量と受注データをもとに生産指示数を自動化

受注データと適正在庫を比較することで、製造指示データを自動作成します。

製造指示データ自動作成

製造指示書・工程タイムスケジュールを自動で発行

製造指示数から製造指示書や工程タイムスケジュールを自動で作成することで、製造指示の手間を削減します。

製造指示書・工程タイムスケジュール表

リベートや経費を加味した商品別・得意先別・部門別損益計算が可能

仕入原価以外の費用を加味した損益計算ができます。また、商品別、得意先別、部門別など様々な観点で分析でき、見積時の予定収益と比較することも可能です。

リベートや経費を加味した損益計算が可能

加工食品・飲料品製造卸売業事例集

  • ◆廃棄ロス削減
  • ◆iPad活用による店舗発注業務効率化
  • ◆適正在庫や原料手配・・・など

PDF pdfにてすぐに資料をご覧いただけます。

「加工食品・飲料品製造卸売業の事例集」をダウンロード
img_casebook_kako

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。