予定原価と実際原価を把握したい

製品別の原価が把握できなければ、使用原料の見直しによる製品原価・粗利への調査が迅速にできません。
工場別・ライン別・商品別での製造原価を把握し、予算原価算出精度を向上すればシュミレーションによる予測管理が可能となります。

原価の予実比較機能

標準原価と予定原価、実際原価の差異管理を実現

  • 原材料費、労務費、経費を加味した製品別の実際原価計算が可能です。
  • 実際原価把握だけでなく、計画に対する製造実績数やロス率、標準原価(別途基準原価の設定も可能)との比較が可能です。
  • 原材料費の理論値と実際値を比較。差異をロスとして 確認できます。
  • 事前設定した目標原価 (標準原価・基準原価)と 実際原価を比較できます。
原価の予実比較機能

▲ 原価の予実比較機能

原価シミュレーション

原価シミュレーション機能

  • 原価を構成する要素の変動要因(リスク)を予測し、原価・収益に与える影響度を分析することにより迅速な経営判断を支援します。
  • 定期的な原価シミュレーションにより、問題の早期発見対策を行えます。
  • 過年度の実績や計画をベースに、原材料費や減価償却費、人件費などの変動要素を加味した製品別原価・利益シミュレーションを行うことにより、商品の改廃・新製品開発などを支援します。

原価試算一覧表

  • 工場での生産性(日・時間)
  • 製品毎の原価(原材料費+経費+労務費)
  • 製品毎の限界利益、損益分岐点 (数量・金額)
  • 製品毎の粗利益 (売上-原価)
原価シミュレーション機能

▲ 原価シミュレーション機能

「予定原価と実際原価を把握したい」をご覧いただいたお客様は
以下の情報もご覧になっています。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。