入出荷業務のミスを防止して業務を効率化したい

各現場でリアルタイムに受注数・仕掛在庫数・完成数・出荷数などを共有することで、急なオーダーにもスムーズに対応することが可能です。
ハンディ端末やラベル発行システムを利用すれば、ミスの防止と業務効率化に繋がります。

ハンディ端末(HHT)やラベル発行処理による入荷業務・出荷業務の効率化

ハンディターミナル(HHT)の活用

  • 入出荷業務をHHTで運用することで、ミスの防止と業務効率化を実現します。
  • 無線ハンディ端末のディスプレイ上に刻々と変化する受注状況がリアルタイムに表示できます。
  • ハンディ端末から登録された注文・出荷実績はシステム上で素早く集計。

ラベル発行処理

  • 製品、原料、資材等にロット情報を記載したラベルを印字し貼付けます。
ハンディターミナル

▲ ハンディターミナル(HHT)の活用

豊富な開発実績と事例

ハンディターミナルを活用した入出荷業務

▲ HHTによる入荷検品・出荷検品

入荷検品

  • HHTによる入荷検品、原料ラベルの発行・貼付、システムへのデータ自動反映、入荷状況管理

出荷検品

  • ピッキングリストと商品ラベルを読み取り、HHTで出荷検品、システムへのデータ自動反映、出荷管理

「入出荷業務のミスを防止して業務を効率化したい」をご覧いただいたお客様は
以下の情報もご覧になっています

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。