トレーサビリティシステムを構築したい

産地・流通経路といった食に対する消費者の安心・安全の関心は非常に高いものになっています。
各工程ごとに決められた手順とそのチェック・記録、およびその保管と、有事の際の食品トレーサビリティ(製品追跡・原料遡及)確保が重要になります。

トレーサビリティ・賞味期限管理

製品追跡・原料遡及

  • 製品追跡・原料遡及、双方向の履歴確認が可能です。

賞味期限管理

  • その商品がどの原材料のロットを使い、賞味期限はいつか、どの製造ラインを使って、どこの得意先に出荷したかが瞬時にわかり、お客様からの問合せに迅速な回答が可能になります。
トレーサビリティシステム

▲ トレーサビリティ・賞味期限管理

完全トレーサビリティ(製品追跡・原料遡及)対応

バックトレース・フォワードトレース装備

  • 消費者や小売り段階で製品に問題が見つかった場合、問題発生時点や原因を特定するために製造段階をさかのぼる「トレースバック」、製品出荷後に原材料や部材に問題が見つかった場合、その材料が使われた製品を特定して回収などの対処を行う「トレースフォワード」双方向のトレース機能を備えています。
トレースバック・トレースフォワード

▲ バックトレース・フォワードトレース

製品別原料紐づけ、製品出荷ロット管理

原料・資材の倉庫と工場との間の移動と製造現場の実績収集をハンディ端末を使用し、実績収集を行うことにより、製造状況を把握し、適正な製造指示、原料・包材の発注を支援します。

ハンディターミナルを活用した入出荷業務

▲ HHTによる入荷検品・出荷検品

原料紐付けロット管理

  • 原料ロット情報や製造日時、製造条件、さらには品質検査情報を有機的に紐付けて管理し、原料入荷から製品出荷までの一貫したトレーサビリティを実現します。
  • 製品品質低下時の製造過程における原因究明や、製品影響範囲の特定を迅速に行えます。

ハンディターミナル(HHT)活用

  • ハンディターミナルを活用した入出荷業務(入荷検品・出荷検品)の運用でミスの防止と業務効率化を実現します。

「トレーサビリティシステムを構築したい」をご覧いただいたお客様は
以下の情報もご覧になっています。

「食の安全」「食の安心」に対応したい

トレーサビリティ(製品追跡・原料遡及)による食の安全性の確保

「食の安全」「食の安心」に対応したいを見る

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。