食品製造業様向け実践セミナーin静岡

食品製造業様向けセミナーでは、食品表示法の最新動向として原料原産地表示の対応に向けて知っておきたい表示のルールや、複雑な食品規制情報の遵守をサポートする食品リスク管理システム『食品大目付そうけん君』のご紹介、現場で使える原価管理システムの豊富な導入実績を元に、どのようにしたら失敗せずに原価管理を行えるかご説明いたします。

セミナー概要

日時 2017/09/15
会場 静岡県コンベンションアーツセンター【グランシップ】
静岡県静岡市駿河区池田79-4
アクセス

「JR東静岡駅」下車・徒歩約3分
「静岡鉄道長沼駅」下車・徒歩約10分
 MAP  静岡県コンベンションアーツセンター【グランシップ】

参加費 無料
定員 なし
主催 株式会社内田洋行ITソリューションズ
共催 株式会社内田洋行

セミナー内容

第1部
13:30~15:00

「食品表示法の最新動向
~原料原産地表示の対応に向けて~」

 講師  東京海洋大学 非常勤講師消費生活コンサルタント 森田 満樹 氏

 概要 

 2015年に食品表示法が施行され、2020年3月までが新表示の移行期間となっています。栄養表示、アレルギー表示、製造所固有記号など細かく見直され、さらに2017年夏には全加工食品に原料原産地表示の義務付けへと基準が改正される予定です。新表示への改版のために、知っておきたい表示のルールを解説します。

第2部
15:15~15:45

食品リスク管理システム『食品大目付 そうけんくん』

 講師  株式会社エフジーシー総合研究所

 食品衛生法、JAS法、品質表示基準など、食の安全を確保するために抑えておかなければならない規制情報は大変複雑ですが、その遵守は避けては通れません。「食品大目付 そうけんくん」では複雑な食品規制情報のデータベースに原材料・食品添加物・残留農薬、約1万データとのリンク機能を標準装備。食品メーカー、輸入・流通業者などユーザーごとに異なる多様なニーズに応えるシステムを構築します。

第3部
16:00~16:45

「商品規格書および検査記録のデータベース管理のご紹介」

 講師  株式会社内田洋行ITソリューションズ 中小企業診断士 安中 清人

 食の安全・安心に関心が高まる中、食品製造業様におかれましても食品品質情報の管理は経営の最重要課題となっております。

 食品業界の皆様に於かれましては「正しい原価の把握」の大切さは理解しているが、その実現となると頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。また、実際に原価管理のシステムを導入はしたが、使いこなせず結局やめてしまったといった声も聞こえてきます。本セミナーでは現場で使えることを大前提として、原価管理システムの豊富な導入実績を元に、どのようにしたら失敗せずに原価管理を行えるかをご説明いたします。

お問合せ先
『食品製造業様向け実践セミナー in 静岡』事務局
担当:山田 TEL:054-652-2021 FAX:054-652-2020

※同業の方のお申し込みは、お断りする場合がございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

セミナーのお申込みはこちら

参加お申込みフォームへ

 

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。