導入事例 入出荷業務をハンディターミナルで運用し、ミス防止、物流業務効率化

入出荷業務をハンディターミナルで運用し、ミス防止、物流業務効率化
事業内容 醤油・味噌製造業
入出荷業務をハンディターミナルで運用し、ミス防止、物流業務効率化
  • ■ 製販一体型システムによるトレーサビリティシステムを構築
  • ■ HHTによる業務効率化の仕組み構築

 導入システム  : 「スーパーカクテルデュオFOODs

醤油・味噌製造業の課題と導入効果

 課題 

消費者や得意先からの品質に関する問合せに迅速に対応したい

  • ・ロット別在庫管理・賞味期限管理がシステム化されておらず、システム上でのトレーサビリティが実現できていないため、問合せに迅速に対応できていない。

業務効率化を推進したい

  • データの重複入力の削減やHHTの活用などにより、業務効率化を実現したい。
 解決策 

製販一体型システムによるトレーサビリティシステムを構築

  • 購買から製造、販売まで一気通貫したシステムを実現した。
  • 原材料や(半)製品をロット別に在庫管理し、原材料の入荷、製品の製造、出荷時のロット入力を徹底した。

HHTによる業務効率化の仕組み構築

  • ラベル発行処理(製品、原料、資材等のラベル印字 ロット情報記載)とHHTによる入出庫管理の仕組みを構築した。
 効果 

顧客満足度の向上

  • 顧客からの問合せに迅速に対応することにより、さらなる信頼を獲得することができた。
  • 賞味期限切れロットなどの誤出荷を防止することにより、顧客満足度の向上が実現できた。

業務の効率化と品質向上を実現

  • HHTの利用により入力業務が効率化され、入力間違いなどのミスも防ぐことができた。

醤油・味噌製造業の導入ポイント

HHT・ラベル発行処理による業務効率化

原料・資材入荷、製品出荷業務の効率化を実現します。

HHT・ラベル発行で入出荷業務を効率化

トレーサビリティの徹底

食品業界に必要とされる「食の安心・安全」の徹底によりトレーサビリティを実現します。製造時の投入原料や製品出荷の履歴をロット別に追跡(トレース)することが可能です。

製造時の投入原料や製品出荷の履歴をロット別に追跡

送り状発行システムとデータ連携による業務効率化

受注データを「送り状発行システム」と連携にすることにより、データの二重入力を防止します。

送り状発行システムとデータ連携

調味料・食品原材料製造卸売業事例集

  • ◆ロット別在庫管理
  • ◆標準原価と実際原価の差異管理
  • ◆コストや収益の可視化・・・など

PDF pdfにてすぐに資料をご覧いただけます。

「調味料・食品原材料製造卸売業の事例集」をダウンロード
img_casebook_tyomi

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。