タブレット活用で仕入管理、モバイルプリンタの活用で在庫管理をスマート化

タブレット活用で仕入管理、モバイルプリンタの活用で在庫管理をスマート化

事業内容 野菜加工・卸売業
導入システム スーパーカクテルデュオFOODs
導入業務 販売管理、生産管理、在庫管理
タブレット活用で仕入管理、モバイルプリンタの活用で在庫管理をスマート化

現地での野菜の入荷、買い付け時は情報把握に手書き伝票で大幅な時間を要します。
これらの業務もタブレットとモバイルプリンタの導入により、スマート&クイック!
迅速かつ正確な在庫管理も実現することができるのです。

タブレットとモバイルプリンタの活用で仕入作業を改革!

導入前の課題

  • 現地での野菜の入荷・仕入情報の把握に時間を要していた。
  • 現地買い付けの際、手書きの伝票を大量に発行しており手間と時間がかかっていた。
  • 入荷時の在庫管理が出来ておらず、正確な在庫数の把握が困難だった。

導入後の効果

  • 現地でのタブレット入荷処理により、仕入までの業務効率が大幅に向上した。
  • 現地でのモバイルプリンタを活用した入荷伝票発行により手書き作業の時間を削減できた。
  • モバイルプリンタを活用したバーコード現品票と買付け野菜の紐づけを実現させ、ロット別倉庫別の在庫管理を実現。

ご提案システム

システム化のポイント

POINT1 モバイル機器の活用でどこからでもセキュアに社内システムへアクセス!

現地(外出先)からモバイルルーターを介し、WindowsタブレットからスーパーカクテルデュオFoodsを起動。社内と同じ環境を構築し、仕入の状況をリアルタイムで反映。

POINT2 その場で伝票発行が可能となり、事務所へ戻っての作業が削減。

モバイルプリンタを活用し、生産者への買い付け伝票発行とバーコード付き現品票の発行を実現。

POINT3 ロット別・賞味期限別の在庫管理を徹底して顧客からの要望に対応!

現地で発行したバーコード付き現品票はシールとなっており、生産物(野菜)との紐づけ(シールの貼付)によるロット別倉庫別の在庫管理を実現。

プライバシーマーク