HACCP

HACCP

食品衛生法の改正により、HACCPの導入が制度化されることになりました。多くの食品を扱う企業が、どのようにしてHACCPを取り入れようかと検討していることでしょう。

HACCPとは?

HACCPとは、1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方式で、食品の製造・出荷の工程で、どの段階で微生物や異物混入が起きやすいかという危害をあらかじめ予測・分析して、被害を未然に防ぐ方法です。Hazard(危害) Analysis(分析) Critical(重要) Control(管理) Point(点)の頭文字からとったもので、「危害分析重要管理点」と訳されています。

HACCPのメリット

HACCPシステムによる衛生管理手法は、勘や経験に頼る部分が多かった従来の衛生管理の方法とは異なり、あらゆる角度から食品の安全性について危害等を予測し、それぞれの製造工程ごとに、危害原因物質とその発生要因、危害の頻度や発生したときの影響力の大きさ等を考慮してリスト化し、それぞれの危害を適切に防止できるところに管理点を設定して重点的に管理・記録しようとするものです。

HACCPシステムを採用することで、工程全般を通じて問題が発生しそうになった段階から適切な対策を講ずることで、食中毒(微生物、化学物質を含む)や異物などによる危害を未然に防止し、製品の安全確保を図ります。

「HACCP」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

HACCPについて

HACCPについて

世界各国の食品安全法制の流れ、国内の食品事故の現状及び高齢化・・・

⇒記事を読む

注目される食品衛生、HACCP制度の概要を知る

注目される食品衛生、HACCP制度の概要を知る

食品安全について、特に最近、世間の関心も高く、特に事故が起きてしま・・・

⇒記事を読む

意外に陥りやすい?HACCPリテラシーを問う

意外に陥りやすい?HACCPリテラシーを問う

2018年6月19日にISO22000:2018年版が正式にリリースされました。IS・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。