EPA

EPA

グローバル経済が叫ばれる中、経済連携協定「EPA」に注目が集まっています。

EPAとは?

EPAとは、Economic Partnership Agreementの略で、日本語では経済連携協定と呼ばれます。特定の国や地域同士での貿易や投資を促進するため、主に以下の内容を約束する「条約」を指します。

  1. ①「輸出入にかかる関税」を撤廃・削減する
  2. ②「サービス業を行う際の規制」を緩和・撤廃する
  3. ③「投資環境の整備」を行う
  4. ④「ビジネス環境の整備」を協議する

EPAとFTAの違い

FTAはEPAと同じく、国や地域間の輸出入にかかる関税の撤廃や削減等を定めた国際協定です。EPAはFTAの内容に加えて「投資環境の整備」、「ビジネス環境の整備」、「知的財産保護の強化」等を含む包括的な協定です。

これまではWTO(世界貿易機関)が中心となって、関税を減免することで貿易の自由化を進め、物品のやり取りの活発化を進めていました。しかし加盟国が多くなり、利害がぶつかり合う多くの国が特定の品目について一律に関税を撤廃させることが難しくなり、個別貿易協定(EPAやFTA)の交渉が進みました。

「EPA」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

千田 昌明 氏

メガFTA時代の貿易コンプライアンス

メガFTAで特に大きいのは日本-EUです。世界の貿易額の36.8・・・

⇒記事を読む

世界の食糧・飢餓・水問題 日本の食料自給率

2011年に世界人口は70億人に達しました。国連の推・・・

⇒記事を読む

IoTをビジネスに活かす!~これからのIoT時代に考えておくべきポイント~

IoT時代の到来で、重要なポイントは、ひと・モノ・環境な・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。