FTA

FTA

日米貿易協定が2019年12月に承認されました。これにより、例えば今まで38.5%だったアメリカからの牛肉の関税が2033年年度には9%に引き下げられます。

FTAとは?

FTAとは、Free Trade Agreementの略で、日本語では自由貿易協定と呼ばれます。国や地域の間で、関税の引下げ・撤廃や貿易の障壁を取り除くことを目的に結ばれる国際協定のことです。関税や関税障壁をなくすことで締結国・地域の間で自由な貿易を実現し、貿易や投資を拡大することを目標としています。

FTAが与えるメリットとデメリット

FTAのメリットは「市場の拡大」です。FTA締結により関税・非関税措置がなくなるため、ものとサービスの自由化が進み、輸出入の市場拡大に繋がります。

一方でFTAには「自国産業の衰退」を招く恐れがあります。締結国・地域間の輸入規制を撤廃・引下げるため、協定内容によってはこれまで守られていた自国の産業が追い込まれる可能性があります。

「FTA」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

千田 昌明 氏

メガFTA時代の貿易コンプライアンス

メガFTAで特に大きいのは日本-EUです。世界の貿易額の36.8・・・

⇒記事を読む

世界の食糧・飢餓・水問題 日本の食料自給率

2011年に世界人口は70億人に達しました。国連の推・・・

⇒記事を読む

IoTをビジネスに活かす!~これからのIoT時代に考えておくべきポイント~

IoT時代の到来で、重要なポイントは、ひと・モノ・環境な・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。