コンタミネーション

コンタミネーション

数年前、食品から人の歯や虫の混入が消費者から拡散されるというケースが多発しました。該当企業は大きくイメージダウン、食品の販売自粛を余儀なくされるケースもあったことから、食品製造における異物混入は細心の注意を払い防止する必要があります。

コンタミネーションとは?

コンタミネーションとは、食品の製造過程において異物が「混入」することを指します。
食品におけるコンタミネーションの中でも、アレルゲンの場合は消費者の生命を脅かす重大な事故につながる可能性があるため、注意が必要です。 過去には製造した冷凍食品中の原材料に残存していた農薬が人体に影響を与えたという事件もあり、あらゆるコンタミネーション防止の施策を検討する必要があります。

コンタミネーション防止施策

マニュアルの徹底

基本的なことではありますが、作業手順や作業中の服装についてマニュアル化を行い従業員に遵守させることでコンタミネーションを防止することが可能です。 マニュアルは単純に発行するだけではなく、安全・衛生教育を行い従業員一人一人の意識を高めることが重要です。

製造機器見直し

コンタミネーションは空中を浮遊する物質や機器の部品に紛れ込んだ物質が原因となることもあります。 浮遊物が入り込まない密閉可能な機器や、内部の凹凸が少ない機器を使用することでコンタミネーション防止に繋がります。

製造方法見直し

異なる製品を同一のラインで生産した場合、先にライン生産していた製品の原材料が紛れ、コンタミネーションが発生する可能性があります。 特に粉や水分は丁寧に清掃したとしても、100%除去できたか不明瞭です。 同一のラインで生産する場合は、製品の原材料が同じものに限定するなど見直すことでコンタミネーション防止に繋がります。

「コンタミネーション」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

コープさっぽろにおける 商品苦情と商品事故対応について

コープさっぽろは1965年7月18日に創立されました。チェー・・・

⇒記事を読む

食品安全マネジメントシステムISO22000の基本と最新動向

ISOはInternational Organization for Standardization(国際標準化機構)の・・・

⇒記事を読む

杉浦 嘉彦 氏

HACCPの義務化と課題~食品事業者の持続と発展のために~

食品衛生法等の一部を改正する法律が2018年6月13日に公布されまし・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。