PB(プライベートブランド)

PB(プライベートブランド)

コンビニに置いてある商品を見ると、コンビニのロゴが入っているものがあります。他にも、大手スーパー・家電量販店にも独自のブランド商品が置いていることがあります。

PB(プライベートブランド)とは?

PB(プライベートブランド)とは、小売店や流通業者、卸売業者など、本来商品を企画、生産しない業態の企業が独自に展開している商品のことを指します。主に企画、開発、製造、販売などを行います。

一方で、普段から商品を製造するメーカーによるブランドのことはNB(ナショナルブランド)と呼ばれます。

PB(プライベートブランド)のメリット

利益率が高い

プライベートブランドはナショナルブランドよりも仕入原価が低い傾向にあり、高い利益率の商品を販売できます。仕入原価が低くなる要因は、以下の通りです。

  • ・プロモーションコストを削減できる
  • ・商社や代理店を通さないためマージンを減らせる

消費者のニーズを取り入れやすい

小売業者は消費者と接する機会が多く、新たなニーズを発見しています。ナショナルブランドの場合、そのニーズを直接反映した商品の販売がスムーズにいくとは限りません。メーカーと価格や生産数の交渉が折り合わず、断念するケースもあります。プライベートブランドの場合、メーカーとの折衝が必要なく、ユーザーのニーズに沿った商品をダイレクトに展開することが出来るのです。

「PB(プライベートブランド)」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

在庫適正化プロジェクト(食品製造業におけるプロジェクト事例)

在庫適正化プロジェクト(食品製造業におけるプロジェクト事例)

プロジェクト事例の対象企業は、年商500億円ほどの食品製造業様で・・・

⇒記事を読む

食品製造業における基幹業務システム導入と留意すべきポイント

食品製造業における基幹業務システム導入と留意すべきポイント

食品製造業では消費者ニーズ、もしくは直接的な顧客(販売業)の求めに応じて・・・

⇒記事を読む

PSI改善プロジェクト(食品製造業におけるプロジェクト事例)

PSI改善プロジェクト(食品製造業におけるプロジェクト事例)

対象企業の経営層の方々から、「営業と製造の連携がどうもうまくいっていないようだが・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。