トレーサビリティ

トレーサビリティ

あらゆる情報が取得しやすい現代。企業は、「いつ、どこで、誰が作っている食品かを明らかにすること」が消費者より求められています。

トレーサビリティとは?

トレーサビリティ「その製品がいつ、どこで、だれによって作られたのか」を明らかにすべく、原材料の調達から生産、そして消費または廃棄まで追跡可能な状態にすることです。近年では製品の品質向上に加え、安全意識の高まりから重要度が増しており、自動車や電子部品をはじめ、食品や医薬品など幅広い分野に浸透しています。

食品トラブルを解決するトレーサビリティ

トレーサビリティが整っていると、もし食品トラブルが発生したとき、生産・加工・流通のどの段階に問題があったのかを速やかに把握することができます。そして品質管理や在庫管理をコンピューター化することで、製造情報の追跡調査が非常に短縮されているため、問題のあるポイントをすぐに探すことが可能になるわけです。食品トラブルが発生してナーバスになっている消費者への情報提供もスムーズに行なえるといえるでしょう。

「トレーサビリティ」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

トレーサビリティ

トレーサビリティシステムを構築したい

産地・流通経路といった食に対する消費者の安心・安全の関心は非常に高い・・・

⇒記事を読む

PSI改善プロジェクト(食品製造業におけるプロジェクト事例)

対象企業の経営層の方々から、「営業と製造の連携がどうもうまく・・・

⇒記事を読む

kawagishi_240_180

お客様に生産現場から品質管理を伝える

食品工場もしくは食品製造現場は安全でおいしくて利益が出・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。