フードディフェンス

フードディフェンス

食品の「安全」は常に重要視されています。近年では異物混入問題等、ニュースにも取り上げられており消費者の目は厳しさを増しています。

フードディフェンスとは?

フードディフェンスとは食品への意図的な異物の混入を防止する取り組みをいいます。原料調達から販売までのすべての段階において、人為的に毒物などが混入されることのないように監視するもの。食の安全(フードセーフティー)とは、食品の供給過程における危害要因を分析・管理し、危害要因による微生物汚染等を防ぐことで、食品の安全性を担保するという考え方です。

フードディフェンスの取り組み方

食品防御(フードディフェンス)を考えるとき、自社で全ての範囲の危害を分析して、それを管理することは不可能に近いと言われています。どの範囲でどの程度の取り組みをすれば良いのか、外部のコンサルタントに相談することも1つの良い方法と言えるでしょう。なぜなら、外部のコンサルタントは、食品防御(フードディフェンス)の最新の知識を持ち、どの範囲でどの程度の取り組みをすれば良いかという経験的知識も持ち合わせているからです。

「フードディフェンス」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

トレーサビリティ

トレーサビリティシステムを構築したい

産地・流通経路といった食に対する消費者の安心・安全の関心は非常に高い・・・

⇒記事を読む

sakatoku2

実例に基づくFSSC22000 / フードディフェンス構築の注意点

最近、食品業界で話題になっているものの1つに米国の・・・

⇒記事を読む

kawagishi_240_180

お客様に生産現場から品質管理を伝える

食品工場もしくは食品製造現場は安全でおいしくて利益が出・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。