FSSC22000

FSSC22000

細菌やウィルスによる食中毒をはじめ、食品への異物混入、表示偽装等、食の安全が脅かされています。 こうした脅威から食の安全を守るため、フードディフェンス(食品防御)強化を盛り込んだ食品安全マネジメントシステムのスキーム基準を設けています。

FSSC22000とは?

FSSC22000とは、食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。ISO22000にフードディフェンス等を盛り込んだ一般衛生管理の具体的な手法が追加されていることから、 食品製造事業者や食品包装材製造事業者にとって、取り組みやすい規格になっているところに特徴があります。GFSI(Global Food Safety Initiative)によって、ベンチマーク規格の一つとして承認されています。

FSSC22000とISO22000の違い

語感が近いことからISO22000と混同されやすいFSSC22000。ISO22000との違いは、FSSC 22000の方が、クリアすべき項目がより具体化されている、という点にあります。特にPRPの内容については、ISO22000では、各社が自由に前提条件プログラムを選ぶことができますが、FSSC22000ではISO22002シリーズを採用することが定められています。

いくつかの事項が追加され、ISO22000ではカバーできなかった食品安全対策(フード・テロ、原材料やアレルギー物質の管理など)や「サービスに関する仕様」「表示」等について定められていることも、特徴のひとつです。

「FSSC22000」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

sakatoku2

実例に基づくFSSC22000 / フードディフェンス構築の注意点

最近、食品業界で話題になっているものの1つに米国の・・・

⇒記事を読む

FSSC22000について

FSSC22000について

FSSC22000は食品安全マネジメント規格の一つです。ISO(国・・・

⇒記事を読む

食品安全に関連する制度・政策

食品安全に関連する制度・政策

HACCP制度化の概要は前月のコラムで紹介した通りですが、既に・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。