GAP

GAP

重要管理点を決定することが困難な農業では、食品安全に関する取り組みとして「GAP」が推奨されます。

GAPとは?

GAPとは、Good Agricultural Practiceの略で、食品安全、環境保全、労働安全、品質向上などさまざまな目的で「適切な農業、生産を実施すること」を指します。

農業生産の方法は農作物や気象等、条件によって異なるため、GAPの内容は一律に決めることが出来ません。下記の5項目の活動を繰り返すことがGAPへの取組となります。

  1. ①目的に応じた適切な生産方法を決め、リストアップ
  2. ②リストを確認しながら、適切な生産方法で作業を実施
  3. ③その都度、適切に実施できたかどうかを記録
  4. ④適切に実施できなかった原因を検討
  5. ⑤次の作業や次期作に向けて、実施内容や方法を見直し

GAPに取り組むメリット

GAPに取り組むことで、下記のようなメリットがあります。

  • ・的確な安全管理による、農産物の安全性確保と産地の信頼向上
  • ・適正な栽培管理による、農産物の品質向上
  • ・農作業方法の見直しによる、農作業効率化や農業経営の改善
  • ・農薬使用などの記録による、トレーサビリティ・システムや生産情報公表JAS規格対応

「GAP」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

HACCP法制化スタート~最軽量アプローチから学ぼう~

HACCP法制化スタート~最軽量アプローチから学ぼう~

令和2年6月1日に食品衛生法等の一部改正に基づき「HACCPに沿った衛生・・・

⇒記事を読む

HACCP原則は国際的に推奨された食品安全のツール

HACCP原則は国際的に推奨された食品安全のツール

前回、HACCP法制化に伴い全食品でHACCPに沿った衛生管理が法・・・

⇒記事を読む

HACCP初歩段階で陥りやすい10大誤解

HACCP初歩段階で陥りやすい10大誤解

HACCPには国際的なガイドライン(Codex)があって、12手・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。