食品表示法

食品表示法

食品表示法では消費者等に販売される全ての食品に食品表示が義務付けられています。2015年の4月に施行され、経過措置期間は2020年3月までとなっています。

食品表示法とは?

食品表示法とはとは、消費者が安全で身体によい食品をわかりやすく選べるように、食品の安全性や機能性に関する表示について定めた法律です。平成27年4月1日に、食品安全にかかわる「食品衛生法」、品質に関する適正な表示により消費者の選択に資することを目的とした「JAS法」、及び栄養成分やエネルギーに関する表示について定めた「健康増進法」の3つの法律の食品の表示に係る規定を一元化した「食品表示法」が施行されました。

食品表示法の概要

食品表示法ができた背景

「今年の漢字」として”偽”が選ばれた2007年には食品偽装問題が次々と起こりました。食品偽装・不当表示や中国製冷凍食品の中毒事件が相次ぎ、2009年に発足した消費者庁主導で食品表示法が制定されました。

食品を購入する際、原産地や原材料、栄養成分や添加物を参考にする方は少なくないのではないでしょうか。食品アレルギーを持つ方ならアレルゲンが含まれているかどうかは必ず確認します。上記の3つの法律によって表示ルールが定められていましたが、これらの制度は複雑で判断が難しいとされていました。そこで、食品衛生法、JAS法及び健康増進法の3つの法律の食品表示に関する規定を統合し、一元的な食品表示の制度がスタートすることになったのです。

食品大目付 そうけんくん

食品表示法対応に最適なツールのご紹介

「食品大目付 そうけんくん」は、生活情報研究所として定評のある「株式会社エフシージー総合研究所」が開発した食品法規・食品表示管理システムです。
そうけんくんは、日本全国の食品メーカーや輸入・流通業者などで幅広く導入されています。

「食品表示法」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

食品表示法制定を知る!来る経過措置期限に備えて

食品表示法制定を知る!来る経過措置期限に備えて

年々、消費者嗜好の多様化や技術の進歩などから食品表示に多くの制約・・・

⇒記事を読む

食品表示法制定を知る!注目すべきは細則

前回は、食品表示法制定への経緯、対応点、経過措置期限を・・・

⇒記事を読む

食品表示法制定を知る!「余裕ある準備」と「収益を落とさない心構え」

食品表示法制定を知る!「余裕ある準備」と「収益を落とさない心構え」

前々回、前回の2回にかけて、食品表示法制定への経緯、対応点、経・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。