JICFS

JICFS

小売業のPOSシステムや卸小売業間におけるEOSの導入運用などに必要な商品情報を収集整備し、誰もが低コストで正確な情報が得られることを目的としたデータベースサービスをご存知でしょうか。

JICFSとは?

JICFSとは、JAN Item Code File Service の略称で、「JANコード商品情報データベース」システムのことを指します。
JANコードとこれに付随する商品情報を一元的に管理するデータベースサービスです。 小売業やメーカー、卸業それぞれが商品マスタを作成すると正確な商品情報が確認しにくくなってしまうため、共有して情報取得の手間を省く目的があります。

JICFS利用のメリット

  • ・商品マスターへの登録作業が大幅に軽減
  • ・JICFSの漢字商品名を使用することで、消費者に分かりやすい棚札を簡単に作成可能に
  • ・単品サイズデータの使用により、棚割管理作業が簡単に
  • ・ピッキングリストや納品伝票が正確に
  • ・POSデータと連動することで、自社・他社商品動向を把握可能

「JICFS」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

HACCP義務化の動向とISO22000の改定情報

HACCP義務化の動向とISO22000の改定情報

HACCPの義務化のほか、ISO2200という国際規格の改定、日・・・

⇒記事を読む

杉浦 嘉彦 氏

HACCPの義務化と課題~食品事業者の持続と発展のために~

食品衛生法等の一部を改正する法律が2018年6月13日に公布されまし・・・

⇒記事を読む

HACCP導入は待ったなし ~HACCP沿革、HACCP制度化、効率的なHACCP構築~

HACCP (ハサップ)はNASAと米軍、ピルスビリー・カンパ・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。