トレースフォワード/トレースバック

トレースフォワード/トレースバック

「その製品がいつ、どこで、だれによって作られたのか」を明らかにすべく、原材料の調達から生産、そして消費または廃棄まで追跡可能な状態にすることを、トレーサビリティといいます。トレーサビリティは以下の2つに分類することができます。

トレースフォワードとは?

製品の時間経過に沿って追跡することをトレースフォワードと呼びます。例えば、ある部品で不良が判明した際、その部品が使われている製品を特定し、ピンポイントで製品を回収することが可能です。そのためリコールや不良品への対策に有効です。

トレースバックとは?

時系列をさかのぼって記録をたどることをトレースバックと呼びます。例えば出荷した製品に問題が発生したとき、適切にトレースバックできれば影響のあるロットや工程を特定し、原因をいち早く調べられます。ロットや工程が特定できるので、速やかに工程改善・品質改善を実施することができ、製品品質の向上・安定につながります。

「トレースフォワード/トレースバック」をご覧いただいたお客様は以下の情報もご覧になっています

トレーサビリティ

トレーサビリティシステムを構築したい

産地・流通経路といった食に対する消費者の安心・安全の関心は非常に高い・・・

⇒記事を読む

sakatoku2

実例に基づくFSSC22000 / フードディフェンス構築の注意点

最近、食品業界で話題になっているものの1つに米国の・・・

⇒記事を読む

kawagishi_240_180

お客様に生産現場から品質管理を伝える

食品工場もしくは食品製造現場は安全でおいしくて利益が出・・・

⇒記事を読む

【本用語集に関する免責事項】
当サイトに掲載されている用語の利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、
株式会社内田洋行ITソリューションズは、いかなる民事上の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。
また、掲載用語は出典元により随時、更新・改訂されます。
掲載内容に関するお問い合わせに対応できない場合もございますので予めご了承ください。

食品業ERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」についてお気軽にご相談ください。