在庫ロスとは?機会損失とは? 在庫に関わる損失を防ぎたい

在庫管理の問題点として、在庫ロスがあります。在庫ロスには商品が売れ残り廃棄する「廃棄ロス」がある一方、品切れを起こすことによって本来商品があれば売れたのに売ることができない「機会ロス(機会損失)」や、棚卸時に在庫の実数が帳簿上の数と異なることで発生する「棚卸ロス」などがあります。 「廃棄ロス」や「棚卸ロス」は数字として把握することができますが、「機会ロス」は数字として見えづらいため把握が困難です。 この3つの損失を最少にすることが、利益を最大化するために在庫管理に求められています。

在庫ロスとは

在庫ロスとは一般的に、過剰在庫や在庫不足が原因で発生し、本来得られたはずの利益が得られなくなる損失のことです。
特に食品業界では賞味期限のある商品を扱うため、在庫の廃棄が発生しやすくなります。これらの在庫ロスを減らすことが利益向上に大きな影響を与えます。

在庫ロスの種類

在庫ロスには大きく分けると「廃棄ロス」「機会ロス」「棚卸ロス」の3つがあります。

廃棄ロス

廃棄ロスとは商品の仕入れ過ぎにより、商品の品質保持期間(賞味・消費期限など)の超過で値引きや破棄した際の損失のことをいいます。
在庫を廃棄する際には、仕入や在庫管理にかかったコストも無駄になってしまいます。また、廃棄するためのコストがかかり損失も大きくなるため、在庫切れを起こさずに廃棄ロスを最小限に抑えることが重要です。

機会ロス(機会損失)

機会ロスは欠品などで在庫がないために販売できず、本来得られていたはずの利益が販売機会を逃したために得られなかった際の損失のことをいいます。
在庫切れが発生することで、お客様からの信頼が失われることにもつながります。
しかし、あまり多く在庫を確保すると、今度は廃棄ロスにもつながるため注意しなければなりません。
普段の在庫管理と需要の予測をしていくことが、機会ロスの発生を抑えるために必要です。

棚卸ロス

棚卸ロスは、帳簿上で把握している在庫数と実在庫が合わないことで、起こる損失です。
実在庫と帳簿上の数が異なるため、販売機会の損失発生や、適切な発注ができなくなることにつながります。
また、帳簿上の数が実在庫より少ない場合、不良在庫が発生することにもなりかねません。
入出荷時の検品や、棚卸、データ入力ミスなどの人為的なミスで発生することが多いため、業務マニュアルの整備や社員教育によって減らすことが可能です。

在庫ロスを減らす方法

在庫ロスを減らすためには、正しい在庫数を把握し、適正在庫を維持することが重要です。
適正在庫を維持するためには、在庫管理システムの導入が高い効果を発揮します。在庫状況をリアルタイムで確認でき、ロットや賞味期限別での管理も可能となるので在庫ロスの削減につながるでしょう。
また、人為的なミスを防ぐことも在庫ロス削減になります。ハンディターミナルと在庫管理システムとの連携などで効率化とミス削減を実現することが可能です。

在庫管理システムで業務改善

在庫管理システムを導入することで、リアルタイムな在庫数の把握が可能になります。また、ハンディーターミナルやスマートフォンの活用で正確な入出荷検品や棚卸が可能になり、作業の効率化も実現します。
販売管理システムと連携されていると、受発注による引当済在庫や納品待ち分を反映させた未来在庫の予測など、適正在庫を維持するためのデータを得ることもできます。
正しい在庫数を把握して日々の入出庫データを蓄積することは、精度の高い分析を可能とし、需要予測や発注管理の精度向上にもつながります。
販売管理システムには在庫管理機能を備えたものもあるため、現在使用しているシステムからの入替を検討される際には、こうした機能面にも注目しましょう。

スーパーカクテルCore FOODsが可能にする在庫ロスの削減

スーパーカクテルCore FOODsは食品業に特化した販売・生産・原価管理システムです。
商品在庫だけでなく、原料や半製品の在庫管理も可能で、賞味期限やロット別での管理など、食品業界の商習慣に柔軟に対応します。

  スーパーカクテルCore FOODsの詳細はこちら

在庫の一元管理で、機会損失を防止

発注点管理機能で、在庫の適正管理を支援

機会ロスを減らすには、正確な在庫管理と需要を見越した発注を行うことが重要です。 在庫数が一定量を下回ったら発注を行う「発注管理機能」で、在庫不足による機会損失を起こさないよう在庫の適正管理を支援します。 また、受注残、発注残、払出予定、製造予定を加味した未来在庫の予測も可能です。 機会ロスを防止し、ムダのない在庫管理を実現します。

在庫ロス防止や、不動在庫の適正化を支援

賞味期限切れ管理による在庫ロス防止

在庫ロスに繋がる賞味期限が過ぎる恐れのある商品を一覧で簡単に確認でき、賞味期限切れによる廃棄を未然に防ぐことができます。

不動在庫の適正化

長期間に出荷されない、また出荷する見込みのない不動在庫を一覧で確認し、在庫集約などの最適化に役立てることができます。


ハンディーターミナルを活用した検品や棚卸(オプション)

入出荷時の検品や棚卸にハンディターミナルを活用することで、検品漏れや棚卸の確認漏れを防ぎ、作業効率を上げることができます。

製品・サービスに関する情報、カタログダウンロードはこちら

「スーパーカクテル Core FOODs」のラインナップ

「販売」「生産」「原価」の業務単位で導入可能です。
既存システムとの連携や段階的な導入など、柔軟にご検討いただけます。

販売管理

生産管理

原価管理

カタログダウンロード

dl@corefoods

プライバシーマーク