定期的に標準原価を見直したい

利益を増やすためには、商品の売上を伸ばすとともに原価を抑えることが重要です。
原価計算表はあるものの、実際原価と乖離していて製品の正しい原価が把握できないといった悩みを抱える企業も少なくありません。
製造原価率を改善するためにも、まずは現状を正確に把握し、定期的に標準原価の見直しを実施していく必要があります。

食品製造における標準原価の見直し支援

スピーディーな現状把握~原価見直しを実現!

設定した標準原価と、実績から算出した実際原価より、システム上で瞬時に原価差異を確認できます。
原価差異を確認したら、標準原価の見直しを行いその改訂情報をExcelに記載・取り込むことで商品マスタを更新し、見直しした標準原価をシステムに反映させます。
時間と手間をかけずに、定期的に原価見直しのPDCAサイクルを回し続けることが可能になります。

多彩な統計資料を標準装備

予定原価と実際原価を比較できる原価帳票など、多彩な統計資料をご用意しています。
・製品別構成品使用実績表
・製品実績比較表
・製造原売り分け表

原価計算方法を運用に合わせてカスタマイズ

原価要素別の原価計算で、多角的分析を支援

経費、労務費、原材料費などの原価の按分基準を、管理レベルや運用状況に合わせて「標準工数」「実際工数」「製品出来高(重量比)」から選択することができます。
また、累加方式に加え、非累加方式の原価計算にも対応。各工程ごとに原価要素別の実際原価を算出し、多角的分析を支援します。


製品・サービスに関する情報、カタログダウンロードはこちら

「スーパーカクテル Core FOODs」のラインナップ

「販売」「生産」「原価」の業務単位で導入可能です。
既存システムとの連携や段階的な導入など、柔軟にご検討いただけます。

販売管理

生産管理

原価管理

カタログダウンロード

dl@corefoods

プライバシーマーク